データセット

核融合炉用合金材料における微細構造解析

データセットID

abcd1af1-788b-4f04-b9b7-f237d325c425

ファイルサイズ

1758843801

データ数

1

課題番号

JPMXP1223TU0091

サブタイトル

A-23-TU-FS01 ARM_01(酸化物分散銅合金のTEM観察)

エンバーゴ期間終了日

2023-09-30 03:00

開設日時

2023-09-15 07:22

データセット

申請者:KONNO,Toyohiko 所属:東北大学

装置名

超高分解能透過電子顕微鏡

タグ

要約

試料となるバルクCu合金は利用者の研究グループにおいて、Cu粉末とCu-Y化合物粉末をメカニカルアロイングで混合し、熱間等方加圧(HIP)焼結によって作製した。今回の試料の特徴は酸素供給源を従来の酸化物の添加から、原料粉末の熱酸化被膜の利用へと変化させたことにある。得られた試料について、東北大ARIM事業装置である透過電子顕微鏡(TEM)により組織観察を行った。また、TEM試料作製には同じく共同利用装置である集束イオンビーム(FIB)を用いた。 詳細は以下の論文を参照: https://doi.org/10.1016/j.matchemphys.2023.128223

thumbnail.jpg