文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID S-MS-082
分類 分光 > ラマン分光
形状・形態観察、分析 > 分光(光、電子線、イオン線、プラズマ、磁気、X線)
設備名 顕微ラマン分光
(Microscopic Raman Spectroscopy)
地域 中部
設置機関 分子科学研究所
研究分野 分子・物質合成
担当部署または担当者 解良聡 機器センター長
山本浩史 教授
賣市幹大 技術職員
仕様

 RENISHAW inVia Reflex

・波長:488,532,633,785nm
・測定範囲: 100-3200cm-1
・分解能:面内1μm, 深度2μm
・温度領域: 4~350 K

顕微ラマン分光システムによる分子構造,局所結晶構造解析を支援。
コンフォーカル光学系+冷却CCDによる高空間分解能,高感度観測。
488 nm から 785 nm までの励起波長選択,ヘリウム温度までの試料冷却が可能。

S-MS-082

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)