文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID S-MS-075
分類 物性測定 > 磁気特性評価装置群 (SQUID/高周波透磁率測定)
放射光計測装置 > 軟X線磁気円二色性測定(XMCD)
設備名 X線磁気円二色性分光
(X-ray Magnetic Circular Dichroism)
地域 中部
設置機関 分子科学研究所
研究分野 分子・物質合成
担当部署または担当者 小杉信博 極端紫外光研究施設長
横山利彦 教授
高木康多 助教
上村洋平 助教
仕様

UVSOR-III BL4B (100-1000eV円偏光)

・超伝導磁石はJANIS社製7THM-SOM-UHV (±7T, 5K)
・試料作製槽 LEED/AES、蒸着などを装備

UVSOR BL4Bを用いた極低温高磁場X線磁気円二色性測定システム。薄膜作製用試料準備槽つき。
利用エネルギー200-1000 eV, 試料温度5-60 K, 磁場±5 T (±7 Tまで一応可能)。
作成した薄膜等を大気に曝すことなくそのまま元素選択磁性測定したい場合に有効です。

 

S-MS-075

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)