文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID S-MS-110
分類 X 線回折 > 粉末・薄膜 X 線回折(XRD)
バルク分析装置 > X線回折法(XRD)
設備名 粉末X線回折
(Powder X-Ray Diffractometer)
地域 中部
設置機関 分子科学研究所
研究分野 分子・物質合成
担当部署または担当者 解良聡 機器センター長
藤原基靖 技術職員
仕様

Rigaku社製 RINT-UltimaIII

・X線源 Cu管球 40 kV・40 mA(2 kW)
・光学系 集中法、平行ビーム法、小角散乱
・検出器 シンチレーションカウンタ
・オプション モノクロメーター、高分解能PSA、回転試料台、キャピラリ回転試料台、小角散乱試料台、低温試料台(40~300 K)
・ソフトウェア PDXL(基本、定性、リートベルト、PDF-2)、Nano-Solver


X線源(Cu・2kW)、シンチレーションカウンターを備えた粉末X線回折装置。光学系(集中法・平行ビーム法)や試料台等のオプションは、測定に合わせて選択可能。

S-MS-110

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)