文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID S-MS-103
分類 物性測定 > 電子スピン共鳴装置(ESR)
バルク分析装置 > 電子スピン共鳴法(ESR)
設備名 電子スピン共鳴(Bruker E680 )
(Pulsed High Field Electron Spin Resonance, Bruker E680)
地域 中部
設置機関 分子科学研究所
研究分野 分子・物質合成
担当部署または担当者 解良聡 機器センター長
中村敏和 准教授
浅田瑞枝 特任助教
藤原基靖 技術職員
伊木志成子 技術支援員
仕様

Bruker社製 E680

W-band(94GHz) [cw、pluse]
・マグネット 超伝導マグネット (6T)+掃引コイル(700mT)
・温度可変 3.8~300K
X-band(9.4 GHz)  [cw、pluse]、Q-band(34GHz) [pluse]
・マグネット -5mT~1.45T
・温度可変 4~300 K(CF935)
・オプション テスラメーター、ゴニオメーター、ENDOR、ELDOR(Q-bandのみ)、ナノ秒波長可変レーザー

高周波・高磁場W-band測定が可能なESR装置。
その他、多周波数(X-、Q-band)、多種(パルス、多重共鳴)測定も可能。X-、Q-bandではナノ秒波長可変レーザーを用いた時間分解測定にも対応。

S-MS-103

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)