文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID A-UT-066
分類 バルク分析装置 > X線回折法(XRD)
形状・形態観察、分析 > 分光(光、電子線、イオン線、プラズマ、磁気、X線)
設備名 無機微小結晶構造解析装置VariMax Dual((株)リガク)
(Inorganic Fine Crystal Structural Diffractometer VariMax Dual(Rigaku))
地域 関東
設置機関 東京大学
研究分野 微細構造解析
担当部署または担当者
仕様

□ 主な特長

  • これまで放射光でないと回折強度測定が困難であった数十μm角以下の結晶や一片が10μm以下の結晶などの微小結晶の構造解析が可能
  • 高輝度X線源と湾曲型人工多層膜ミラーの組み合わせにより、結晶位置に高輝度X線を導くことが可能
  • Mo/Cu両方の線源を使用可能であり無機・有機化合物の構造解析を線源に依存することなく測定可能

□ 主な仕様

  • X線源:1.2kW発生装置 / 実効輝度31kW/mm2/ Mo・Cuターゲット
  • X線光学素子(VariMax Dual):湾曲型人工多層膜ミラー Mo・Cu両波長に対応した光学素子
  • CCD検出器:高感度CCD検出器により迅速な測定が可能
A-UT-066

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)