文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID A-QS-006
分類 放射光計測装置 > X線回折法(XRD)
設備名 大型X線回折計
(Large X-ray diffractometer)
地域 近畿
設置機関 量子科学技術研究開発機構
研究分野 微細構造解析
担当部署または担当者 QST磁性科学研究グループ 稲見俊哉
仕様

設置場所:BL22XU(日本原子力研究開発機構)
光エネルギー:3-70keV
集光系:ミラー、ベリリウムレンズ
特徴:汎用の四軸回折計。共鳴X線散乱による電子軌道状態の観測、スペックル散乱によるドメイン構造の研究、応力・歪み分布測定などの回折マッピングに用いている。大型試料チェンバー取り付け可能。印加磁場は超伝導マグネット使用で6Tまで、試料温度はHe冷凍機使用で 2Kまで。

利用例:コヒーレントX線を利用したスペックル散乱によるナノドメイン観察。応力・歪の3次元分布測定。共鳴X線散乱による軌道秩序の解明。

A-QS-006

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)