文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID A-AT-058
分類 バルク分析装置 > 核磁気共鳴法(NMR)
設備名 固体NMR装置(200MHz)(SSNMR)
(Solid-state nuclear magnetic resonance spectrometer (SSNMR) (200MHz))
地域 関東
設置機関 産業技術総合研究所
研究分野 微細構造解析
担当部署または担当者 林 繁信: hayashi.s[アット]aist.go.jp  ([アット]を@にして送信下さい)
仕様

本装置は、固体試料を対象とし、局所構造およびダイナミクスを原子・分子レベルで測定します。有機材料、無機材料(セラミックス、無機ガラス、金属)、高分子材料、有機無機複合材料、触媒材料、生体材料など多種類の材料に適用できます。

  • 磁場強度: 4.7テスラ(1H共鳴周波数: 200 MHz)
  • MAS測定可能核種: 15N~31P (2H, 29Si, 13C, 23Na, 27Al, 11Bなども含む), 19F, 1H
  • 広幅測定可能核種: 109Ag~31P (15N, 2H, 29Si, 13C, 23Na, 27Al, 11Bなども含む), 19F, 1H
  • 測定可能温度: 広幅測定時  -120~200℃
  • その他/用途: 広幅測定および13C固体高分解能測定に適します。二次元測定、緩和時間測定にも対応します。
A-AT-058

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)