文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID A-AT-054
分類 バルク分析装置 > 光学特性測定装置
分光 > 紫外可視近赤外分光
分光 > 赤外分光
設備名 ナノ秒可視・近赤外過渡吸収分光装置(VITA)
(Nanosecond visible/near-infrared transient absorption spectrometer (VITA))
地域 関東
設置機関 産業技術総合研究所
研究分野 微細構造解析
担当部署または担当者 ANCF事務局: ancf-contact-ml[アット]aist.go.jp ([アット]を@にして送信下さい)
仕様

産総研自主開発:サブナノ秒からサブマイクロ秒のレンジでポンププローブ過渡吸収を測定する装置。液体、溶液、結晶、フィルムなどのレーザー過渡吸収スペクトルと減衰挙動により、電荷キャリアーなどの特性を測定。ナノ粒子半導体を使用する色素増感太陽電池の等を評価。

  • 時間分解能:0.5 ns程度(感度に依存)
  • 励起波長:355, 532 nm 
  • 測定波長範囲:400 nm~1600 nm
  • 測定雰囲気:室温大気中(特殊環境は要相談)
A-AT-054

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)