文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます。

研究設備詳細情報

事業名 ナノテクノロジープラットフォーム
機器ID A-AT-046
分類 特殊プローブ顕微鏡 > 陽電子プローブマイクアナライザ
設備名 陽電子プローブマイクロアナライザー(PPMA)
(Positron probe microanalyzer (PPMA))
地域 関東
設置機関 産業技術総合研究所
研究分野 微細構造解析
担当部署または担当者 ANCF事務局: ancf-contact-ml[アット]aist.go.jp ([アット]を@にして送信下さい)
仕様

産総研自主開発:電子加速器(リニアック)で陽電子マイクロビームを作り、対象物中の陽電子寿命のマッピング測定を行う陽電子走査型顕微鏡。独ミュンヘン大に同様の装置があるのみ。TEMでは観察が難しい、原子が1個抜けた原子空孔からナノサイズのボイドを評価。

  • 陽電子源:電子加速器対生成方式
  • 陽電子ビームエネルギー:1-30 keV
  • 陽電子ビーム径: 0.01-10 mm
  • 陽電子寿命測定時間分解能: 200-300 ps
A-AT-046

この設備に関するお問い合わせ先

本研究設備の詳細や利用方法等は、問い合わせフォームよりお問い合わせください。

設置機関Webサイト 設置機関Webサイト   この設備について問い合わせる この設備について問い合わせる(設置機関への問い合わせフォーム)