文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます.

研究分野から探す

プラットフォームから探す

研究機関から探す

関連リンク

このサイトについて

プラットフォーム検索結果

プラットフォーム名:微細構造解析プラットフォーム

北海道大学 ナノテクノロジー連携研究推進室 微細構造解析プラットフォーム

本実施機関では多様なナノデバイス・ナノ材料の表面・内部構造またその電子状態について様々な環境下で分析・評価を行える研究支援体制を整えています.ユニークな装置群と研究者・技術者が長年培ってきた技術・経験・英知を結びつけ,イノベーション創出への研究開発支援・技術相談サービスを提供します.

東北大学ナノテク融合技術支援センター 微細構造解析プラットフォーム

東北大学ナノテク融合技術支援センターは,東北地区における唯一のナノテク支援拠点として全国のプラットフォームと連携をとりつつ,産業界から学術機関まで幅広いみなさまのニーズにお応えします.

NIMS微細構造解析プラットフォーム 最先端ナノマテリアル計測共用拠点

最先端計測解析技術群による多元的な微細構造解析を中心にした研究支援を通して,ナノテクノロジーを活用した先進的材料・デバイス分野における学問的・技術的課題を解決し,マテリアルイノベーションに寄与する.

産業技術総合研究所 微細構造解析プラットフォーム

AISTオリジナルの装置を中心に,以下の6つの計測分析装置群を公開します.これらの公開装置では,原子欠陥や特定の元素の回りの原子配位といった平均として得られるナノ情報を提供します(森を見るナノ計測分析).

東京大学 ナノ工学研究センター

本拠点では最先端電子顕微鏡による原子構造解析や軽元素観察,多機能・高性能X線回折装置による結晶構造解析,NanoSIMSによる高分解能微量元素分析を中心に各種の分析を行うことができます.都心にあり,これらの設備を集中的に配置しておりますので,いつでもご利用が可能です.ご相談はコーディネート室までどうぞ.

名古屋大学 エコトピア科学研究所 超高圧電子顕微鏡施設

超高圧電子顕微鏡施設では,超高圧反応科学走査透過電子顕微鏡をはじめとする最先端の電子顕微鏡群を用いて,金属,セラミックス,有機薄膜等の結晶構造解析,元素分析,電子状態解析,微小電磁場解析を観察用試料の作製から支援します.また,低温ステージを搭載した電子顕微鏡およびFIBSEMによる生体試料の形態学的、分子生物学的研究を支援します.データの解析,実験のデザイン等についても担当教員がコンサルティングいたします.

京都大学 化学研究所 複合ナノ解析化学内 京大微細構造解析プラットフォーム

本拠点では,特色ある最先端の透過電子顕微鏡を用いて多様なナノ材料や有機,無機物質で合成された先端機能性材料の微細構造解析と元素分析を主な研究領域として支援を実施します.高度な研究支援を提供することにより,我が国における材料開発研究の発展,競争力の向上,人材の育成に努めていきます.

大阪大学 超高圧電子顕微鏡センター

世界唯一の大阪大学300万ボルト超高圧電子顕微鏡を中心とする電子顕微鏡装置群により,厚い試料の立体観察が可能である特徴を生かしたユニークな研究支援を提供いたします.

日本原子力研究開発機構(JAEA)

日本原子力研究開発機構(JAEA)が大型放射光施設SPring-8に所有する専用ビームライン(BL22XU, BL23SU)と共用実験装置を用いて、ナノテク研究を支援します。
研究支援に関するお問い合わせは、
JAEA事務局
 TEL:0791-58-2716(毛利梓)
 電子メール:harima-usersoffice(at)jaea.go.jp
にお願いします。

QST 量子ビーム科学研究部門 関西光科学研究所 放射光科学研究センター

量研機構の2本の専用ビームラインと実験装置は,平成28年4月の発足時に原子力機構から移管されました.微細構造解析プラットフォームの新たな実施機関として,原子力機構と連携しながら,放射光実験装置を広く産官学の利用に提供しています.
研究支援に関するお問い合わせは、
QST事務局
 TEL:0791-58-2640(宮本依理子)
 電子メール:ml-qst-nanoinfo(at)qst.go.jp
にお願いします。

九州大学 超顕微解析研究センター 微細構造解析プラットフォーム

最新鋭の各種電子顕微鏡を開放します.多様な物質・材料のナノ構造解析・状態解析について,研究の計画と実施を,積極的かつ創造的に支援します.第一線で活躍している学内研究者が相談に応じます.

該当する大分類件数:18件