文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます.

研究分野から探す

プラットフォームから探す

研究機関から探す

関連リンク

このサイトについて

中分類検索結果

大分類:クロマト装置
研究機関:名古屋大学
研究分野:分子・物質合成

クロマト装置

英語名:Chromatography.物質を分離・精製する技法.物質の大きさ・吸着力・電荷・質量・疎水性などの違いを利用して,物質を成分ごとに分離する.クロマトグラフィーは,固定相または担体と呼ばれる物質の表面あるいは内部を,移動相と呼ばれる物質が通過する過程で物質が分離されていく.ここでは,ガスクロマトグラフィ,高速液体クロマトグラフィ(HPLC),ゲル浸透クロマトグラフィ,液体クロマトグラフィ(FPLC,GPC)をさす.これ等のクロマトグラフィで,気体の化合物の分離と同定および定量,液体の化合物または溶質の分離と同定および定量,分子サイズの差に基づいて分離,タンパク質等の生体高分子の分離精製・分析ができる.

該当する中分類件数:1件

高速液体クロマトグラフィ(HPLC)

英語名: High Performance Liquid Chromatography,HPLC.「液体の移動相をポンプなどによって加圧してカラムを通過させ,分析種を固定相及び移動相との相互作用(吸着,分配,イオン交換,サイズ排除など)の差を利用して高性能に分離して検出する」する.分析目的以外に天然物成分や化学合成品などの分離精製するための分取装置としても用いられる.