文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム共用設備利用案内サイトへようこそ! 研究開発に必要な最先端の装置群を日本全国の研究機関から選べます.

研究分野から探す

研究機関から探す

関連リンク

このサイトについて

中分類検索結果

大分類:物性測定

物性測定

英語名:physical properties measurement.試料の物性を測定する装置群である.ここでは,磁気特性評価装置群(SQUID/高周波透磁率測定),電子スピン共鳴装置(ESR),粘弾性測定装置,力学特性測定装置を指す.これ等装置によって,試料の磁気的性質,分子構造情報,粘性・弾性,感触・テクスチャーや動的強度を求めることができる.

該当する中分類件数:5件

磁気特性評価装置群 (SQUID/高周波透磁率測定)

英語名:Superconducting Quantum Interference Device, SQUID.超伝導量子干渉素子(SQUID)を搭載した高感度磁束計で,物質の微小な磁束の変化を検出することができる計測装置.磁性体のみでなく常磁性体や反磁性体の試料も測定でき,有機・無機化合物の磁気的性質を調べることができる.また,磁性薄膜やナノ磁性粒子など,トータルの磁化が小さい試料にも適用可能.

電子スピン共鳴装置(ESR)

英語名:Electron Spin Resonance, ESR.磁場中におかれた物質に含まれる不対電子の持つ電子スピンによる電磁波の共鳴吸収.この共鳴現象を利用して不対電子の検出を行い,不対電子を持つ最表面原子の電子状態,配位状態,タングリングボンドなどを測定する.表面不対電子を検出する分光法の一種.遷移金属イオンもしくは有機化合物中のフリーラジカルの帰属および定量ができる.

粘弾性測定

英語名:viscoelasticity.粘性と弾性の両方を合わせた性質のことであり,基本的にすべての物質が持つ性質であるが,特にプラスチックやゴムなどの高分子物質に顕著に見られる.試料に時間によって変化(振動)する歪みまたは外力を与えて,それによって発生する応力または歪みを測定する(動的粘弾性).または,時間によって変化しない,一定歪みまたは一定外力のもとで,応力または歪みの変化を測定する(静的粘弾性).温度分散・周波数分散同時測定を行うことにより,ガラス転移を含む各種の緩和現象を観測でき,高分子の分子構造や分子運動に関する情報を得ることができる.

力学特性測定装置

英語名:dynamic characteristics.材料がその種類のちがいにより引張り・圧縮・せん断などの外力に対してどの程度の耐久性をもつかなどの諸性質.ここでは,触感・テクスチャーや動的強度(耐衝撃性)の測定.

物理特性測定装置

物理特性測定装置