参画機関から

微細加工 名古屋大学 名古屋大学

分子マシンの架橋構造で高分子ゲルの強度が飛躍的に向上

 名古屋大学大学院工学研究科の竹岡敬和准教授の研究グループは,東京大学大学院新領域創成科学研究科の伊藤耕三教授の研究グループとともに,分子マシンの一種であるポリロタキサンを利用し,架橋点が自由に動くことができる架橋剤を開発しました.このポリロタキサン架橋剤を高分子ゲルに適用することで,高分子ゲルの靱性と伸張性が飛躍的に向上することを明らかにしました.

 従来の溶媒にて膨潤した状態の高分子ゲルは,力学的に脆いため,今後の発展が期待される医療分野や自動車分野,航空機分野などへの応用が困難でした.本研究の成果から,架橋点が可動であるポリロタキサン架橋とすることで,飛躍的に強度が増し,様々な応用が期待できます.本研究は,内閣府のImPACT(伊藤耕三プログラムマネージャー)のプロジェクトの成果であり,将来的に幅広い産業へと波及することが期待されます.

 本研究成果は,英国王立化学会の国際学術誌「Chemical Communications」誌に掲載されました.


ポリロタキサン架橋は,高分子ゲルの強度を飛躍的に向上させ,分子量が大きいほど
強靱な高分子ゲルが調製できる.