参画機関から

分子・物質合成 奈良先端科学技術大学院大学 奈良先端科学技術大学院大学

MALDI SpiralTOFイメージング質量分析セミナー(11月14日)開催のお知らせ

日時:2016年11月14日(月)10:00~17:00(受付開始 9:45)
会場:奈良先端科学技術大学院大学 物質創成科学研究科 E207,208,209
主催:質量分析技術者近畿ブロック研究会,奈良先端科学技術大学院大学 ナノテクノロジープラットホーム
協力:日本電子株式会社

 有機材料と無機材料を組み合わせた電子デバイスは近年活躍の場を増やしているとともに,今後より身近な電子素材として利用されると予想される(例 有機ELディスプレイ,有機薄膜太陽電池).一方,有機材料の劣化機構は,無機材料に比べて知見が少なく,今後様々な分析手段を用いてその劣化機構解明が進むと思われる.しかし,現在様々な分析手段が存在するが,電子デバイスに用いられる有機層を抽出せずに分子量・構造情報を得る適切な分析手段はあまり知られていない.そこで,電子デバイス中の有機化合物はレーザー脱離イオン化(LDI)でイオン化できる化合物も多いため,解析手段としての有効性を日本電子(株)より開発担当者を迎え,解説いただき,実際に装置の前でデモンストレーションをしていただく予定です.
 デモンストレーションの時間をたくさん取り,詳細を伺う機会を設けました.皆様のご参加をお待ちしております.

【プログラム】
9:45- 受付
10:00-10:05 開会挨拶
10:05-11:00
  「MALDI SpiralTOFを用いた材料分析 ~MS・MS/MS・イメージング~」
  ((株)日本電子 グローバル営業推進本部 伊藤 喜之)
11:10-12:00 実機JMS-S3000 SpiralTOF前にてデモンストレーション1
12:00-13:15 昼食休憩
13:15-13:30
  「文部科学省ナノテクノロジープラットホームの紹介」
  (奈良先端科学技術大学院大学 NAISTナノテクノロジープラットホーム 戸所 義博)
13:30-16:50 実機JMS-S3000 SpiralTOF前にてデモンストレーション2
16:50-17:00閉会挨拶

【参加費】 無料

【参加申込】
 参加希望の方は,11月7日(月)までに件名「SpiralイメージングMSセミナー 参加希望」とし,
 (1)氏名,(2)所属,(3)メールアドレスを添えて,下記メールアドレスにお申し込みください.
 送付先アドレス:nanonet-kansai(at)ms.naist.jp

【世話人】
 三宅里佳(大阪大学),西川嘉子(奈良先端科学技術大学院大学)