参画機関から

微細加工 産業技術総合研究所 産業技術総合研究所

人工知能の応用範囲を拓く超高速・低消費電力ハードウェア技術~脳型推論システムの研究開発を推進するハード・ソフト一体型オープンイノベーションプラットフォーム構築を目指して~(10月27日)開催のお知らせ

【主催】国立研究開発法人 産業技術総合研究所
【日時】2016年10月27日(木)13:00~18:00
【場所】航空会館 7階大ホール
【定員】150名
【参加費】無料

 情報処理に要する消費エネルギーを非連続的に低減し,機能的にも現行の計算機システムの不得意な処理を補完する革新的情報処理である「脳型推論システム」の研究開発が推進されています.
 本ワークショップでは,一旦,視点を俯瞰的になるように切り替えます.ポストムーア時代におけるコンピューティングにおけるデバイス・プロセス開発等の役割を,招待講演者の方々からお話しいただきます.続いて,NEDOエネルギー・環境新技術先導プログラムで行われている当該研究開発の成果をご紹介いたします.最後に,人工知能,あるいは深層学習に関する研究開発を推進されている幾つかの研究グループによるポスター展示や実機展示を交え,ざっくばらんに意見交換できる場を設けます.

【参加申込方法】オンライン登録

【お問い合わせ】
 ワークショップ運営事務局
  E-mail:Aidevice(at)semiconportal.com

添付ファイル

Aidevice_WS_Flyer.pdf