参画機関から

微細加工 産業技術総合研究所 産業技術総合研究所

バイオ&計測実践セミナーIII(10月4日)開催のお知らせ

【主催】産総研ナノプロセシング施設(NPF)
【日時】2016年10月4日(火)12:55~17:10
【場所】産業技術総合研究所 つくば中央第2事業所 12棟 第6会議室
【定員】90名(先着順,参加登録をお願いします)
【参加費】無料

 産業技術総合研究所ナノプロセシング施設(NPF)は,「バイオ&計測実践セミナーIII」を,2016年10月4日(火)に産業技術総合研究所つくば中央にて開催いたします.今回は,微生物や食品・農業に関する計測技術,デバイスに関して取り上げます.講師の方には,この分野のシーズやニーズについてもざっくばらんに触れていただく予定です.オーサーズ・インタビューの時間を設けましたので,講師の方々に個別に質問をすることが可能です.
 また,光リソグラフィ技術を用いてマイクロ流路を作製していただく実習コースを併設しました.
 産学官いずれのご所属に関わらず,多くの皆様のご参加をお待ちしています.

【講演プログラム】
12:55-13:00 「はじめに」 産業技術総合研究所 共用施設ステーション 多田 哲也
13:00-13:30 「微生物の可視化と利用~1細胞から集団まで」 筑波大学/生命環境系 野村 暢彦
13:30-14:00 「食品の機能性評価と計測技術」 産業技術総合研究所 堀江 祐範
14:00-14:30 「液滴によるカプセル化と応用」 産総研集積マイクロシステム研究センター 平間 宏忠
14:30-15:00 「バイオミメティック表面形状が生み出す機能~微細加工による撥水・親水材料創出~」
         北海道大学電子科学研究所 松尾 保孝
15:00-15:20 休憩(オーサーズインタビュー)
15:20-15:50 「農業現場で求められる・期待されるセンサネットワーク技術とは」 農業・食品産業技術総合研究機構 深津 時広
15:50-16:20 「MEMS技術を用いた超小型水分・栄養物質動態センサー」 香川大学工学部 下川 房男
16:20-16:50 「電磁波を用いて農畜産物の水分量を非破壊で計測」 産業技術総合研究所 昆盛 太郎
16:50-17:10 オーサーズインタビュー

<実習:マイクロ流路作製>
 日時:平成28年10月(詳細日程は応相談)
 場所:産業技術総合研究所つくば中央2-12棟ナノプロセシング施設(NPF)
 定員:2-4名
 参加費:無料
  ※実習コースを受講される方は,講義を受講している必要があります.


【参加申込方法】E-mail(*入力必須項目あり)

【参加申込締切】2016年10月3日(月)15時まで

【お問合せ先】
 産業技術総合研究所 TIA推進センター ナノプロセシング施設
 E-mail:tia-npf-school2(at)aist.go.jp