参画機関から

分子・物質合成 物質・材料研究機構 物質・材料研究機構

NIMS分子・物質合成プラットフォーム 技術セミナー「表面プラズモンによる分子の相互作用解析」(10月5日)開催のお知らせ

【主催】物質・材料研究機構 分子・物質合成プラットフォーム
【日時】2016年10月5日(水)13:45~17:00
【会場】物質・材料研究機構 千現地区
      先進構造材料研究棟 5階 会議室(概要説明,アプリケーション紹介)
      材料信頼性実験棟 2階 ナノ融合ステーション(デモンストレーション)
【定員】30名(デモンストレーションは10名程度)
【参加費】無料

【概要】
 表面プラズモンを利用して分子間の相互作用を測定する技術はどちらもタンパク質分子である抗原‐抗体反応をはじめとして分子間の解離・会合を定量的にとらえる手法として広く普及しています.今回,この方法を利用した測定装置の代表ともいえるBiacoreについて装置の概要からアプリケーションに至るまでをメーカー技術者の方に解説していただき,さらにプラットフォームに設置されているBiacoreX100をもちいて測定のデモンストレーションも実施します.タンパク質に限らず水溶液中で解離・会合を行う分子(ある程度の分子量は必要)であれば解析できる可能性はあるのでご興味のある方は積極的にご参加ください.

【プログラム】
 13:30 受付開始
 13:45-14:00 NIMS分子・物質合成プラットフォームの紹介
 14:00-15:15 BiacoreX100装置の概要とアプリケーション
 15:15-15:30 会場移動・休憩
 15:30-16:15 デモンストレーション
 15:45-17:00 個別サンプル測定立ち上げのためのコンサルテーション

【参加申込方法】E-mail
 件名に「相互作用解析セミナー」とお書きの上,
 SML-office(at)nims.go.jpにご連絡ください.
 折り返し申込書をお送りします.

【お問い合わせ】
 電話番号:029-859-2399(担当 箕輪)