参画機関から

分子・物質合成 東北大学 東北大学

東北大学ナノテク融合技術支援センター「高周波誘導結合プラズマ(ICP)発光分析と超高磁場(800MHz)・高分解能NMR分光分析セミナー」(8月5日)開催のお知らせ

【主催】東北大学ナノテク融合技術支援センター

【日時】2016年8月5日(金)14:00~17:35

【場所】東北大学 金属材料研究所講堂

【参加費】無料(*事前申込み不要)

 東北大学大学院 理学研究科巨大分子解析研究センターはナノテクノロジープラットフォーム事業に参画し,ICP発光分析装置と800MHz NMRシステムを共同利用に供しています.本セミナーでは,これらの分析法の特徴や最近の材料科学への応用などについて紹介します.
 本学のICP発光分析装置は,最大ppbレベルの高い検出能力と5~6桁の広い分析濃度範囲を有し,多元素一斉分析を行うことができます.さらに,共存元素の干渉量を正確に評価でき,全元素の一括校正が可能です.NMRシステムは高磁場と高速回転プローブ(80kHz MAS)により固体NMRの高分解能化と高感度化を実現しています.また,極微量(外径1mm試料管を用いた場合,最小試料有効体積は0.80µL)の固体試料の測定が可能です.

【お問合せ先】
 ナノテク融合技術支援センター事務局
  E-mail:cintsoffice(at)rpip.tohoku.ac.jp