参画機関から

微細構造解析 産業技術総合研究所 産業技術総合研究所

文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業「H28年度 第1回産総研微細構造解析プラットフォーム設備利用講習会」(5月11日)開催のお知らせ

【主催】微細構造解析プラットフォーム 産総研先端ナノ計測施設
【共催】陽電子ビーム利用材料評価コンソーシアム研究会
    SIP-IMASM第5回研究会(革新的構造材料 先端計測拠点)
【日時】2016年05月11日(水)13:00~17:10
【場所】産業技術総合研究所つくば中央第2事業所 2-12棟 2階 第6会議室

 原子サイズの微小空隙(欠陥)は,材料特性に影響を与えるため,材料開発時の評価が重要です.電子の反粒子である陽電子を利用して,金属・半導体・高分子材料等の様々な材料中の原子サイズの微小空隙(欠陥)を評価することができます.
 産総研では、陽電子プローブを所外研究者にご利用いただくため,ナノテクノロジープラットフォーム事業等をとおして公開しております.本研究会では、構造材料(金属)への応用を軸に,陽電子やその他の量子(高エネルギーX線・中性子)プローブの利用法について学びたいと思います.

【プログラム】
 開会の挨拶
 13:00-13:30 「高強度低速陽電子ビーム施設と利用例の紹介」
          産総研 大島 永康 主任研究員
 13:30-14:00 「陽電子を用いた鉄鋼材料の格子欠陥評価」
          京都大学 杉田 一樹 助教
 14:00-14:30 「量子プローブを活用した水素材料研究」
          産総研 榊 浩司 主任研究員
 休憩(10分間)
 14:40-15:10 「小型中性子源の設計検討」
          産総研 木野 幸一主任研究員
 15:10-15:40 「陽電子・中性子による金属の破壊に至るプロセスの研究」
          長岡技術科学大 鈴木 一彦 教授
 15:40-16:10 「光子誘起陽電子消滅法の測定技術開発」
          産総研 オローク ブライアン 主任研究員
 16:10-16:20 閉会の挨拶
 16:40-17:10 見学

研究会終了後(17:30-19:30)産総研内カフェ・ピクニックにて懇親会を行います.
皆様の参加をお待ちしております.

【参加費】無料(懇親会費:3,000円)
※講演会のみ当日参加申込も可能です.

【参加申込方法】E-mail(*下記項目必須)
氏名,所属名(会社名),部署名,連絡先(E-mail,電話番号)


【お問合せ】
分析計測標準研究部門 X線・陽電子計測研究グループ
E-mail:pos_con-ml(at)aist.go.jp
Tel:029-861-1405