参画機関から

微細構造解析 日本原子力研究開発機構 日本原子力研究開発機構

平成27年度文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業 微細構造解析プラットフォーム第2回放射光設備利用講習会(2月29日)開催のお知らせ

 文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業の一環として,原子力機構では微細構造解析プラットフォームに属する実施機関として,放射光を用いた研究支援を行っています.放射光は広い波長領域にわたって,高輝度・高強度,高指向性,波長選択性,偏光性などの特性に優れた光源であり,物質・材料の詳細な結晶構造や電子構造,元素選択的な結合状態や局所構造など,他の方法では困難なナノ構造・状態の解析を試料非破壊で可能にします.
 原子力機構は,世界最高性能の第三世代大型放射光施設SPring-8に4本の専用ビームラインを有しており,これまでにも自主事業やナノテクノロジーネットワークを通じて,機構外の利用者の研究支援を行ってきました.材料機能発現中のその場測定やリアルタイム測定などの機能発現メカニズムを探るための特色ある実験装置を含むこれらビームラインを,ナノテクノロジープラットフォーム事業においてもナノテクノロジー材料研究に役立てるために提供しています.
 今般,新規利用者の開拓,利用者のスキル向上,最新の利用成果の普及を目的に,研究支援に供している実験設備の特長と利用方法に関する講習会を開催いたします.

【主催】国立研究開発法人 日本原子力研究開発機構 JAEA微細構造解析プラットフォーム

【日時】2016年2月29日(月)13:15~17:30

【場所】津山工業高等専門学校 図書館2階 多目的ホール

【定員】
80名(*定員になり次第締切)

【参加費】
無料

【参加申込方法】
電子メールにて受付(*下記項目を記入)
 氏名,所属,部署,役職,住所(連絡先),電話,FAX,電子メール

【参加申込締切日】2016年2月25日(木)

【お申込,お問い合わせ】
日本原子力研究開発機構 関西光科学研究所
プロジェクト推進室 JAEA微細構造解析プラットフォーム事務局
E-mail:nanopla-office(at)ml.jaea.go.jp

プログラム等の詳細は,URLおよび参考資料(PDF)をご参照ください.