参画機関から

分子・物質合成 分子・物質合成プラットフォーム 信州大学,自然科学研究機構 分子科学研究所,名古屋工業大学

「ナノカーボン材料を創る・測る・実用化する」セミナー(1月8日)開催のお知らせ

 カーボン(炭素)は,人類が永らく付き合ってきた身近な元素です.最も固いダイヤモンドから鉛筆で擦って文字を描く柔らかい黒鉛まで,カーボンと言っても様々な性質・形状を選んで使用できます.近年ナノテクの先導役としてカーボンナノチューブ等が注目され,21世紀はカーボンの世紀とまで言われます.

 今回のセミナーでは,このカーボンを分かりやすく紹介し,性状の見分ける(観る,測る)方法から,新しいカーボンを創成する(作る)研究方法を紹介します.その主な装置・設備は文部科学省ナノテクノロジープラットフォーム事業の共用装置となっており,企業・大学・研究機関のどなたでも利用いただけます.もの作りから評価までを支援いたします.

【主催】文部科学省 ナノテクノロジープラットフォーム 分子・物質合成プラットフォーム
     (信州大学・名古屋工業大学・分子科学研究所)
【協賛】
文部科学省 ナノテクノロジープラットフォーム 国立研究開発法人 科学技術振興機構

【日時】2016年1月8日(金)13:00~17:30

【場所】科学技術振興機構 東京本部別館 1階ホール

【定員】150名

【参加費】無料

【参加申込方法】下記より申込
 https://ssl.form-mailer.jp/fms/1f56432b392479




【お問い合わせ先】
分子科学研究所 分子・物質合成プラットフォーム(井上)
TEL:0564-55-7431 Email:nanoplat(at)ims.ac.jp