参画機関から

分子・物質合成 東北大学 東北大学

高磁場NMRセミナー 「800MHz NMRの特徴とその応用」開催(6月13日)のお知らせ

 東北大学大学院理学研究科巨大分子解析研究センターはナノテクノロジープラットフォーム事業に参画し,800MHz NMRシステムを共同利用に供しています.本セミナーでは、本システムの特徴や最近の材料科学への応用などについて紹介いたします.本装置は高磁場と高速回転プローブ(80kHz MAS)により固体NMRの高分解能化と高感度化を実現しています.また,極微量(外径1mm 試料管,最小試料有効体積:0.80μL)の固体試料の測定が可能です.

【日時】 2014年6月13日(金) 午後2時~5時頃

【主催】 東北大学ナノテク融合技術支援センター

【共催】 
東北大学大学院理学研究科巨大分子解析研究センター,(株)JEOL RESONANCE

【会場】 東北大学 金属材料研究所 講堂(2号館1階)

【参加費】 無料

【プログラム】
 14:00~14:10 開会挨拶 寺田眞浩(東北大学大学院理学研究科巨大分子解析研究センター長)
 14:10~14:20 趣旨説明 浅尾直樹(東北大学ナノテク融合技術支援センター)
 14:20~14:30 JMN-ECA800FT NMRシステムの紹介 江口恵二(JEOL RESONANCE)
 14:30~15:10 溶液NMRの応用(DOSY法,多核種NMR,マイクロプローブ)江口恵二
 15:10~15:20 休憩
 15:20~16:10 1mm MAS(80kHz)が切り開く未来 西山裕介(JEOL RESONANCE)
 16:10~16:40 高磁場NMRの材料科学への応用例 西山裕介
 16:40~16:50 利用説明 權垠相(東北大学大学院理学研究科巨大分子解析研究センター)
 閉会
 17:00~     測定の相談受付

【連絡先】
東北大学ナノテク融合技術支援センター(浅尾直樹,齋藤綾)
E-Mail:cints(at)rpip.tohoku.ac.jp
TEL:022-217-6037


詳しくは,以下関連リンクをご参照ください.