参画機関から

分子・物質合成 自然科学研究機構 分子科学研究所 自然科学研究機構 分子科学研究所

分子・物質合成プラットフォーム技術研修会-先端施設の利用機会と高度な技術支援の提供-(8/22,8/23)

日時:平成25年8月22日(木) 14:00-17:10
     
平成25年8月23日(金) 9:00-12:40

主催:
分子・物質合成プラットフォーム
開催主担当:奈良先端科学技術大学院大学分子・物質合成プラットフォーム
開催副担当:分子科学研究所分子・物質合成プラットフォーム
         北陸先端科学技術大学院大学分子・物質合成プラットフォーム

場所:ホテル京阪京都 三階「菊の間」「桜の間」


【開催趣旨】
文部科学省において,昨年7月から開始した「ナノテクノロジープラットフォーム」は,産学官の研究者にナノテクノロジーに関わる最先端機器の利用機会を与えるとともに,我が国のイノベーション創出に資することを目的としている.このたび,分子・物質合成ナノテクノロジープラットフォームでは,実施者(特に技術支援者)および利用者の相互交流により技術力と技術的知見の向上を図り,装置利用の高度化と利用者の拡大を目的として開催する.

【プログラム概要】
[特別講演]
・「最新の電子顕微鏡技術と実デバイス評価への展開」
  杉山直之 (株式会社 東レリサーチセンター)
[技術講演]
・「『散逸構造』を用いて機能性材料の薄膜作製」
  Olaf Karthaus(千歳科学技術大学)
・「X線溶液散乱法を用いたタンパク質構造の解析」
  上久保裕生(奈良先端科学技術大学院大学)
・「植物ペプチドのNMR測定・解析支援と、測定時間短縮への試み」
  梅津 喜崇(北陸先端科学技術大学院大学)
技術支援者による支援内容・事例13件を紹介:分子科学研究所,物質・材料研究機構,千歳科学技術大学,大阪大学,北陸先端科学技術大学院大学,奈良先端科学技術大学院大学を含む6機関


◆参加費:無料,ただし意見交換会参加は1500円(当日徴収)
◆定員:50名 ※申込必須 (定員になり次第締切)
 利用希望者(特に企業関係者)の参加を歓迎いたします.



<お問い合わせ>
奈良先端科学技術大学院大学物質物質創成科学研究科
NAIST ナノテクノロジープラットフォーム
戸所義博・高下泰子
TEL/FAX:0743-72-6198
Mail:nano-net(at)ms.naist.jp
※参加希望者は上記宛先へメールください.