政府・公的機関から

お知らせ

総務省,戦略的情報通信研究開発推進事業(SCOPE)平成30年度 独創的な人向け特別枠~「異能vation」プログラム「破壊的な挑戦部門」一次選考通過者の選出

 総務省は平成30年10月1日,業務実施機関を通じて,平成30年度に公募した戦略的情報通信研究開発推進事業 独創的な人向け特別枠「異能vation」プログラムのうち「破壊的な挑戦部門」の一次選考通過者を選出したと報じた.

 平成30年度の本プログラムについて,業務実施機関である株式会社角川アスキー総合研究所が平成30年5月22日(火)から同年7月20日(金)まで公募を行い,11,420件の応募があった.そのうち,【破壊的な挑戦部門】への技術課題の応募980件の全てに対し,約2か月の時間をかけてスーパーバイザー全員で評価し,一次選考通過となる技術課題26件が決定した.

 現在はスーパーバイザー全員による最終評価を実施しており,最終選考結果の発表は,10月23日を予定している.