政府・公的機関から

お知らせ

三菱ケミカル,物質・材料研究機構,日亜化学及びシチズン電子が共有する窒化物系赤色蛍光体を用いたLEDに関する特許が米国で成立

 国立研究開発法人 物質・材料研究機構(NIMS)は2018年9月27日,三菱ケミカル株式会社(三菱)及びNIMSと日亜化学工業株式会社(日亜)及びシチズン電子株式会社(シチズン)が共有するLEDに関する特許が米国で成立したと,特許を共有する3社と共同でプレスリリースを行った.

 三菱,NIMS,日亜及びシチズンは,LED用として広く用いられる本赤色蛍光体に関し,特許を相互に実施許諾することで2015年に合意している.本実施許諾の対象となる特許のうち,本赤色蛍光体基本特許はすでに米国で成立し,4者で共有している.今回はさらに,本赤色蛍光体を用いたLEDに関する基本特許が米国で成立したものである.