政府・公的機関から

お知らせ

JST,研究成果展開事業 研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)「産学共同フェーズ(シーズ育成タイプ)」平成30年度募集における新規採択課題の決定

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は平成30年8月28日,研究成果最適展開支援プログラム(A-STEP)産学共同フェーズ(シーズ育成タイプ)の平成30年度募集における新規採択課題17件を決定したとのプレスリリースを行った.

 A-STEPは,大学や公的研究機関などで生まれた研究成果の実用化を目指す研究開発フェーズを対象とした技術移転支援プログラムである.本年度は,シーズ育成タイプを対象に平成30年3月15日(木)から5月10日(木)まで新規課題の募集を行い,135件の応募があった.募集締め切り後,外部専門家の協力のもと,テクニカルメリット,ビジネスメリット,知財戦略,イノベーションインパクトなどの観点から審査し,採択課題を決定した.本プログラムでは,課題内容に応じて他の最適な支援タイプに移行して採択することもあり,今回は上記17課題に加えて,シーズ育成タイプFS(フィージビリティスタディ)として採択する11課題も決定した.FSでは,シーズ技術としての実現可能性を産学共同で検証する」.