政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成30年8月16日,「固体高分子形燃料電池利用高度化技術開発事業」に係る公募を実施し,4件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査を行い,採択予定先を決定したと報じた.

 本事業では,固体高分子形燃料電池(PEFC)の社会への本格実装に向けて,高効率・高耐久・低コストの燃料電池システムの実現に資する基盤技術開発,大量生産可能な生産プロセス化に資する実用化技術開発等を総合的に推進し,PEFCの大量普及に必要な要素技術を確立する.その中で,今回のプロセス実用化技術開発の公募では,大量生産技術について検査技術を含めた研究開発を助成する.