政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/スマートセル関連技術の社会実装推進に向けて解決すべき新規課題の検討」に係る実施体制の決定 スマートセル関連技術の社会実装推進に向けた先導研究8テーマを採択 ~今後解決すべき検討課題を明らかにする~

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成30年7月31日,「植物等の生物を用いた高機能品生産技術の開発/スマートセル関連技術の社会実装推進に向けて解決すべき新規課題の検討」に係る公募を実施し,10件の提案について外部有識者による採択審査及びNEDO内の審査行い,8件の委託予定先を決定したと報じた.

 また,NEDOは同日,植物や微生物の細胞から工業材料を生産する「スマートセルインダストリー」の実現を目指すプロジェクトにおいて,スマートセル技術の社会実装推進に向けて今後解決すべき検討課題を明らかにするために,先導研究8テーマを採択したとのニュースリリースを行った.

 本先導研究では,生物機能を活用した物質生産やバイオ由来の素材開発について,原料および用途の多様化と生産プロセスに関わる課題の抽出や,革新的技術の実現可能性の検証などに取り組むとしている.