政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「CO2を原料として用いた化学品製造における,CO2の還元技術などに関する調査」に係る実施体制の決定

 国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成30年7月25日,「CO2を原料として用いた化学品製造における,CO2の還元技術などに関する調査」に係る公募を実施し,件の提案について審査を行って委託予定先を決定したと報じた.

 本調査事業は,温室効果ガスの排出削減技術の一つである,CO2固定化・有効利用のうち,化学品や炭化水素燃料の原料へ転換・利用に関する技術を対象とする.特に,CO2を原料として用いた化学品製造において,技術難易度の高いCO2の還元および活性化技術についての調査,分析から,普及に向けた課題の抽出を行うことを目的として実施する.