政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,新たに機能拡充した「日射スペクトルデータベース」を公開 ~高精度な発電量評価や高効率次世代太陽電池の研究開発への活用に期待~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機(NEDO)は2018年6月1日,WEB上で公開している「日射スペクトルデータベース」に2012年末から2015年末まで3年間のデータを加えて機能を拡充,6月1日付で新たに公開した,とのニュースリリースを行った.

 今回のデータ機能拡充で,これまで約1年分にとどまっていた日射スペクトルデータが複数年にわたって閲覧可能になり,年ごとの気象状況の違いを考慮した国内代表5地点の日射スペクトルの特徴がわかる.

 今後,太陽光発電事業者の,より標準的で高精度な発電量評価や太陽電池メーカーの高効率な次世代太陽電池の研究開発に,本データベースの活用を期待している.