政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」に係る実施体制及び助成先の決定 太陽光発電の発電コスト低減を目指した2事業で新たにテーマを採択 ~発電コスト7円/kWh実現へ開発を加速,ZEB実現へシステム開発・検証開始~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機(NEDO)は平成30年5月28日,「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」に係る公募を実施し,提案された4件の研究開発テーマについて厳正な審査の結果,4件の採択先を決定したと報じた.

 また,NEDOは同日,太陽光発電の発電コスト低減を目指した「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」で4件,「太陽光発電システム効率向上・維持管理技術開発プロジェクト」で1件の技術開発テーマを新たに採択したとのニュースリリースを行った.

 「高性能・高信頼性太陽光発電の発電コスト低減技術開発」のうち,実用化で先行する結晶シリコン太陽電池とCIS太陽電池では,2020年までに発電コスト14円/kWhの実現を確実なものとするとともに,2030年までの本事業の開発計画を5年前倒しし,2025年までに発電コスト7円/kWhを実現する要素技術の確立を目指すことで,開発を加速する.