政府・公的機関から

研究の公募

NEDO,「今後の材料開発に必要な共通データプラットフォームに関する調査」に係る公募

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成30年5月22日,「今後の材料開発に必要な共通データプラットフォームに関する調査」事業の実施者を一般に広く公募するので,本件について受託を希望する方の応募を求めると報じた.

 NEDOは,平成28年度より,有機系機能性材料を対象にマルチスケールシミュレーション等の計算科学を活用して,現在不足している材料の「構造」と「機能」を結びつけたデータ群を創出し,マテリアルズインフォマティクス(MI)と融合することで革新的な機能性材料の創製・開発の加速を目指した研究開発を実施している.

 その一環として,材料開発データの共通フォーマットのあり方やテキストマイニング・画像認識技術による公知の論文,特許等の材料データ構造化のために必要なテキストマイニンング・画像認識技術に関して,これまでの国内外での取組や将来像について調査を実施する.

 公募期間:平成30年5月22日~平成30年6月5日