政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,世界初,市街地で水素100%による熱電供給を達成~地域コミュニティーにおけるエネルギー最適制御技術の確立へ~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成30年4月20日,NEDO事業において,株式会社大林組と川崎重工業株式会社が,同年4月19日と20日に実証試験を実施し,市街地における水素燃料100%のガスタービン発電による熱電供給を世界で初めて達成したとのニュースリリースを行った.

 両社は神戸市ポートアイランドにおいて2017年12月のプラント完成以降,水素と天然ガスの混焼および水素専焼によるガスタービン発電機単独での実証や,天然ガスによる熱や電気供給の実証などを行い,今回,水素のみを燃料として近隣の4施設への熱電の同時供給を実現した,としている.