政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,ISOが光触媒の性能試験方法に関する国際規格を発行 ~NEDOプロジェクトの成果が規格化に貢献~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年4月2日,国際標準化機構(ISO)から,光触媒の性能試験方法に関する国際規格(ISO19652)が,2018年3月23日付けで正式に発行されたとのニュースリリースを行った.また,経済産業省は同日,「光触媒の新たな性能評価法に関する国際標準が発行されました~戦略的な国際標準化を通じた,日本製品の市場拡大を目指して~」と題するほぼ同じ内容の報道発表を行った.

 ISO19652は,可視光応答型光触媒の有害物の分解性能試験方法を初めて国際規格化したものであり,NEDOプロジェクトで開発した光触媒の成果を用いて,国内の主要メンバーが国際会議に参画し,専門家との議論・調整を重ねてきた結果,日本からの提案が規格になったものである.

 この規格制定により,海外市場での日本製の可視光応答型光触媒製品の性能を適切に評価できる環境が実現するとともに,光触媒製品の国際競争力の強化が期待できるとしている.