政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,世界初,ジスプロシウム不使用の省ネオジム耐熱磁石を開発 ~耐熱性能を保持し,ネオジム使用量を最大50%削減~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年2月20日,NEDOプロジェクトにおいて,高効率モーター用磁性材料技術研究組合(MagHEM)の組合員であるトヨタ自動車株式会社が,世界初の新型磁石「省ネオジム耐熱磁石」を開発した,と上記組合と共同でニュースリリースを行った.トヨタ自動車株式会社からも同じ内容のニュースリリースが行われた.

 この磁石は,耐熱性能に必要なジスプロシウム(Dy)を使わないだけでなく,新技術を採用することで,ネオジム(Nd)の一部をランタン(La)とセリウム(Ce)に置き換え,最大50%削減しても,従来のネオジム磁石と同レベルの耐熱性能を保持できるもので,今後,次世代自動車やロボットなど,さまざまな分野のモーターへの使用拡大とレアアース資源の有効活用を期待している.