政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,世界初,SiCを適用したMMC型HVDC変換器セルの技術検証を実施 ~洋上風力発電の高効率化と省スペース化に貢献~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成30年2月14日,NEDOが管理法人を務める内閣府プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)/次世代パワーエレクトロニクス」で,三菱電機(株)が世界で初めて,3.3kV SiCパワー半導体モジュールを適用したMMC(モジュラーマルチレベル変換器)型HVDC(高電圧直流)変換器セルの技術検証を実施し,変換器の大幅な電力損失低減と小型・軽量化を実現したとのニュースリリースを行った.

 本成果は,洋上風力発電などの長距離・大容量送電の高効率化や設置面積の制約が大きい洋上プラットフォームの省スペース化に貢献し,NEDOは,新材料を用いたパワー半導体デバイスの開発を中心に,パワーエレクトロニクス研究開発をさらに推進するとしている.