政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,世界最高クラスの高出力・高輝度青色半導体レーザーを製品化へ ~金や銅などの加工用光源への応用に期待~

 研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2018年1月25日,株式会社島津製作所,大阪大学と共同で,NEDOプロジェクトの成果をもとに,(株)島津製作所が,世界最高クラスの高出力・高輝度青色半導体レーザーを製品化する,とのニュースリリースを行った.

 本製品は,NEDOプロジェクト「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発/次世代レーザー及び加工の共通基盤技術開発/レーザー加工プラットフォームの構築/高輝度青色半導体レーザー及び加工技術の開発」で同社が大阪大学と共同開発した青色半導体レーザー技術を実用化したもので,出力100Wと輝度1.3×106W/cm2の高出力・高輝度を実現している.従来の青色半導体レーザーでは実現できなかった金や銅などの熱伝導溶接,レーザーマーキング,3Dプリンタでの積層向けの光源への応用が期待でき,加工時間の短縮や消費電力の低減に貢献するという.