政府・公的機関から

お知らせ

JST,珪藻のフィジオロミクスに基づく褐色のエネルギー革命のためのパイロットプラント完成 ~培養コストの大幅低減による低炭素社会実現と有用物質の生産~

 研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は平成30年1月25日,兵庫県立大学,京都大学と共同で,兵庫県立大学 大学院生命理学研究科の菓子野 康浩 准教授,京都大学 大学院生命科学研究科の伊福 健太郎 助教らの研究グループが,姫路市の協力により,下水処理施設「大的析水苑」の一画に,珪藻の光合成機能を利用して二酸化炭素を有用物質に変換するための実証パイロットプラントを設置した,とのプレスリリースを行った.

 地球上の光合成の約25%を担っている珪藻を低コストで大量培養するための要素実験の結果に基づき,下水処理施設の一画にパイロットプラントを設計・完成させたもので,今後,実証パイロットプラントでのシステムを具現化・社会実装することで,環境に優しい低炭素化社会の実現を期待している.