政府・公的機関から

お知らせ

JST,戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)EIG CONCERT-Japan「効果的なエネルギー貯蔵と配分」における平成29年度新規課題を決定

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は平成29年12月27日,戦略的国際共同研究プログラム(SICORP)に基づくEIG CONCERT-Japanにおいて,欧州の8ヵ国*8研究支援機関と共同で5件の新規採択課題を決定したとのプレスリリースを行った(*チェコ,フランス,ドイツ,ノルウェー,リトアニア,スロバキア,スペイン,トルコ).

 EIG CONCERT-Japanは,欧州各国と日本が連携して共同研究を推進するプロジェクトである.今回の募集は第4回目にあたり,2017年5月2日から7月14日にかけて,8ヵ国8機関の競争的研究資金配分機関との協力により「効果的なエネルギー貯蔵と配分」の分野で新規課題を募集した.29件の応募があり,各国の専門家との協議に基づいて,5件の採択課題が決定された.