政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,CIS系薄膜太陽電池セルで世界最高変換効率22.9%を達成 ~発電コスト目標「2020年14円/kWh,2030年7円/kWh」の達成へ前進~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年12月20日,NEDOプロジェクト※1において,ソーラーフロンティア株式会社が,CIS(銅・インジウム・セレンなど)系薄膜太陽電池セル(約1cm2)で,世界最高変換効率22.9%を達成したと,同社と共同でニュースリリースを行った.

 この成果は,CIS光吸収層の改良や光吸収層表面処理の改善などの技術により達成されたもので,2017年1月に同社が同セルサイズで達成した世界最高記録21.7%を1.2ポイント更新し,NEDOが掲げる発電コスト目標「2020年に14円/kWh,2030年に7円/kWh」の達成に向けて大きく前進するものという.