政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,杜仲由来の非可食性バイオマスを利用した機能性ゴルフボールを商品化へ ~開発した高機能バイオ複合材料をスポーツ材料に応用~

 国立研究行政法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年12月13日,NEDOプロジェクトにおいて,日立造船(株)を主体とする産学連携グループが開発した高機能バイオ複合材料を用いて,キャスコ(株)が,高い耐衝撃性を実現する機能性ゴルフボール「BIOSPIN(バイオスピン)」を商品化し,2018年4月より販売を開始するとのニュースリリースを行った.

 開発した高機能バイオ複合材料は,非可食性バイオマスである杜仲(トチュウ)が作り出す高分子化合物のバイオトランスポリイソプレンを用いてスポーツ材料に応用したものである.今後,耐衝撃性や高強靱性に優れた高機能バイオ複合材料は,スポーツ分野に限らず,自動車等の輸送機器の内装や生体材料分野など,さまざまな分野への応用が期待されるとしている.