政府・公的機関から

お知らせ

量子ニューラルネットワークをクラウドで体験 ~量子を用いた新しい計算機が使えます~

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は平成29年11月20日,日本電信電話株式会社(NTT),情報・システム研究機構 国立情報学研究所(NII),および東京大学と共同で,内閣府 総合科学技術・イノベーション会議が主導する革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の一環として,NTT,NII,東京大学,大阪大学から成る研究グループが,光の量子的な性質を用いた新しい計算機「量子ニューラルネットワーク(QNN)」をクラウド上で体験できるシステムを開発し,2017年11月27日より公開するとのプレスリリースを行った.

 今回のQNNクラウドシステムの公開は,QNN計算装置を使ったアプリケーション開発のプラットフォームを実現する最初の一歩となり,このシステムを通してアプリケーション開発の加速を図るとしている.