政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,石炭火力発電所から排出されるCO2の有効利用技術開発2テーマに着手 ~有望なCO2有効利用技術の確立を目指す~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年11月14日,石炭火力発電所から排出されるCO2を有効利用するための技術開発2テーマに着手するとのニュースリリースを行った.

 本技術開発では,CO2有効利用技術を用いた有価物製造プロセスや全体システムについて検証評価を行い,将来有望なCO2有効利用技術の確立を目指すとしている.

 石炭火力発電所などからの排ガス中に含まれる高濃度CO2と,再生可能エネルギーの電力を利用して製造される水素を用いて,メタンを生成し有効利用する技術などが取り上げられる.