政府・公的機関から

お知らせ

嗅覚IoTセンサーの業界標準化推進に向けた「MSSフォーラム」発足 ~「香りやニオイの基準モノサシ!」実用化に向けて~

 国立研究開発法人物質・材料研究機構 (NIMS),京セラ株式会社,大阪大学,日本電気株式会社,住友精化株式会社,旭化成株式会社,及びNanoWorld AGは2017年10月4日,この7機関が共同で,超小型センサー素子「MSS(Membrane-type Surface stress Sensor/膜型表面応力センサー)」を用いた嗅覚IoTセンサーの業界標準化(de facto standard)推進に向けた"公募型実証実験活動"を行う「MSSフォーラム」を11月1日に発足させるとのプレスリリースを行った.

 MSSは,香りやニオイの元となる多様なガス分子に対応可能なセンサーで,食品・環境・医療・安全など様々な分野への応用が期待される.2015年に設立し,産学官共同で,要素技術の研究開発を行っている「MSSアライアンス」に加え,「MSSフォーラム」において公募によって参画する企業とともにオープンな実証実験を行うことにより,「MSS嗅覚IoTセンサー」技術の業界標準化の推進を図るとしている.