【サービス停止のお知らせ】11月24日(金)16時~27日(月)10時頃,本サイトの閲覧および問合せフォームからのお問合せ受付ができなくなります.
ご迷惑をおかけしますが,どうぞ宜しくお願いいたします.
 

政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」の実証運転を開始 ~非常時でも継続運転が可能な浄水場の実現へ~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は平成29年8月25日,東北大学と株式会社 前川製作所と共同で,水素貯蔵システムと電力貯蔵装置を組み合わせて,通常時の再生可能エネルギーの有効利用と非常用電源としての機能を併せ持つ「電力・水素複合エネルギー貯蔵システム」を新たに考案・開発し,仙台市茂庭浄水場にて実証運転を開始したとのニュースリリースを行った.

 再生可能エネルギーから得た電力を用いて水素を製造,利用するPower to Gasの一形態である本システムの実用化により,災害時に停電が発生しても安定して継続運転が可能な次世代の浄水場の実現を目指すとしている.