政府・公的機関から

お知らせ

産総研,構造材料開発の高度化を加速する小型加速器中性子施設の構築に着手 ~中性子の透過力を生かし構造部材の内部のミクロ情報を非破壊で可視化~

 国立研究開発法人 産業技術総合研究所(産総研)は平成29年8月1日,新構造材料技術研究組合に参画し,自動車などの輸送機器の抜本的な軽量化を目指した国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の委託事業「革新的新構造材料等研究開発」(平成26~34年度)の下,産総研つくばセンターで小型電子加速器中性子源を用いたコンパクトな中性子材料分析施設の構築に着手したとのニュースリリースを行った.

 放射線の一つである中性子線には,比較的大きなサイズ(センチメートルオーダーの厚さ)の部材を透過する能力があるため,部材の内部を非破壊で分析できるという大きなメリットがある.そのため,産総研がこれまで培ってきた電子加速器技術や量子ビーム計測技術等を融合し,構造材料の特性に影響するミクロな分布情報(結晶子サイズ,結晶構造のひずみ,結晶配向など)を可視化して提供することに特徴をもつ,産業利用に特化した小型加速器中性子施設の構築を進めて行くとのことである.