政府・公的機関から

お知らせ

NEDO,再生可能エネルギーによるCO2フリー水素の実証試験を開始 ~ステージゲート審査で3テーマを決定~

 国立研究開発法人 新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は2017年8月1日,再生可能エネルギーから得た電力を用いて水素を製造,利用するPower to Gasについて,3テーマのシステム技術開発(実証フェーズ)を開始するとのニュースリリースを行った.

 この事業では,2016年9月から6テーマの基礎検討(FSフェーズ)を実施し,今回,ステージゲート審査により,3テーマの実証への移行を決定した.

 今後,CO2フリー水素の利活用拡大を目指し,本格的な実証試験に向けた取組を開始し,福島県浪江町などで実証試験を行う予定という.