政府・公的機関から

研究の公募

経産省,平成29年度「化学物質安全対策(化学物質中の毒性物質低濃度不純物調査等)」に係る公募(入札可能性調査)

 経済産業省は平成29年7月19日,平成29年度化学物質安全対策(化学物質中の毒性物質低濃度不純物調査等)の受託者選定に当たって,一般競争入札に付することの可能性について,調査すると報じた.

 化学兵器禁止条約においては,化学物質を毒性に応じて区分し,毒性に応じた規制,管理を行うことが求められ,更に,その担保として条約に基づき設立された国際機関(OPCW)による国際査察が行われている.

 対象となっている化学物質は,近年,産業利用の一定の工程において可能性があるため,我が国における指定化学物質の副生成の可能性等の実態調査・検討を行うこととなった.

 対象者は,化学物質及び反応工程に関する深い知見を有しており,化学兵器禁止法に基づく使用許可を得て,指定化学物質の定量分析が行える者,化学兵器禁止条約に基づく申告,産業査察について知識を有する者とするとしている.

 公募期間:平成29年7月19日(水)~平成29年8月8日(火)