政府・公的機関から

お知らせ

スーパーコンピュータ「京」がGraph500において5期連続で世界1位を獲得 ~ビッグデータの処理で重要となるグラフ解析で最高の評価~

 国立研究開発法人 科学技術振興機構(JST)は平成29年6月23日,九州大学と東京工業大学,理化学研究所,スペインのバルセロナ・スーパーコンピューティング・センター,富士通株式会社,株式会社フィックスターズによる国際共同研究グループが,2017月6月21日(現地時間)に公開された最新のビッグデータ処理(大規模グラフ解析)に関するスーパーコンピュータの国際的な性能ランキングであるGraph500において,スーパーコンピュータ「京(けい)」による解析結果で,2016年11月に続き5期連続(通算6期)で第1位を獲得したと,受賞各者と共同でプレスリリースを行った.

 本研究の一部は,JST戦略的創造研究推進事業 CREST「ポストペタスケール高性能計算に資するシステムソフトウェア技術の創出」における研究課題「ポストペタスケールシステムにおける超大規模グラフ最適化基盤」および「ビッグデータ統合利活用のための次世代基盤技術の創出・体系化」における研究課題「EBD:次世代の年ヨッタバイト処理に向けたエクストリームビッグデータの基盤技術」の一環として行われた.